独り会議の戯言もどき~野球・小説・お笑いやらの雑記~

小説、Kindle、テレビ、お笑い、スポーツ(特に野球)、その他エンタメ

2023 09/09

切れ味の抜群!傑作短編ミステリー小説おすすめ10選

傑作短編ミステリーおすすめ10選

短編ミステリーの魅力は、切れ味の抜群さにあります。
短編だからこそ無駄がそぎ落とされ、サクッと読めるのに印象的な作品が多く、面白さ増し増し!

また、どこかメッセージ性を強く感じる作品も多いように思います。

ということで今回は短編ミステリー小説のおすすめを紹介します。




①「ハッピーエンドにさよならを」歌野晶午

バッドエンドな短編ミステリーが集結!


タイトル通りバッドエンドな短篇集。

いわゆるイヤミス系と呼ばれるジャンルの短編になります。
呆然のどんでん返しと社会への皮肉がこもった短編集です。

【収録作品】
「おねえちゃん」
「サクラチル」
「天国の兄に一筆啓上」
「消された15番」
「死面」
「防疫」
「玉川上死」
「殺人休暇」
「永遠の契り」
「In the lap of mother」
「尊厳、死」
全11編。


②「Dの殺人事件、まことに恐ろしきは」歌野晶午

江戸川乱歩の名作を歌野晶午が現代風アレンジ!


 「ハッピーエンドにさよならを」に続いて歌野晶午さんの短編集です。

「人間椅子」「押絵と旅する男」「D坂の殺人事件」「お勢登場」「赤い部屋」「陰獣」「人でなしの恋」といった江戸川乱歩の小説を現代のテクノロジーやアイテムを取り入れてアップデートしたオマージュ短編集

江戸川乱歩作品の気味の悪さを、歌野晶午さんが大胆にぬりかえています。
原作を読んでいなくても新作として楽しめます……が原作を読んでいれば、さらにおすすめです。

【収録作品】
「椅子? 人間!」
「スマホと旅する男」
「Dの殺人事件、まことに恐ろしきは」
「「お勢登場」を読んだ男」
「赤い部屋はいかにリフォームされたか?」
「陰獣幻戯」
「人でなしの恋からはじまる物語」
全7編。


③「鍵のない夢を見る」辻村深月

リアルでダークな若い女性の悩み・葛藤を描いた短篇集。


ミステリー要素は低めですが、少し悲し気な印象の女性の心理を付いた作品集です。

読む人によって共感性は異なるかもしれません。
……が、ハマれば特別な1冊となるかもしれません。

第147回直木賞受賞作。

【収録作品】
「仁志野町の泥棒」
「石蕗南地区の放火」
「美弥谷団地の逃亡者」
「芹葉大学の夢と殺人」
「君本家の誘拐」
全5編。


④「満願」米澤穂信

ダークな雰囲気が漂う戦慄のミステリー短編集。


米澤穂信さんの代表作「古典部シリーズ」はライトなイメージですが、こちらの短編集はダークなイメージです。
人間の愚かさと狂気にゾクゾクさせられます。

表題は「満願」ですが、どの作品も重厚でハズレなし!
個人的には「夜警」が一番印象的。

山本周五郎賞受賞。

【収録作品】
「夜警」
「死人宿」
「柘榴」
「万灯」
「関守」
「満願」
全6篇。


⑤「儚い羊たちの祝宴」米澤穂信

レトロ感のある暗黒ミステリー集。


「満願」と同じく米澤穂信さんの短編ミステリー集。
どことなくレトロな空気感が流れています。

【収録作品】
「身内に不幸がありまして」
「北の館の罪人」
「山荘秘聞」
「玉野五十鈴の誉れ」
「儚い羊たちの晩餐」
全5編。


⑥「世にも奇妙な君物語」朝井リョウ

小説版「世にも奇妙な物語」


ドラマ「世にも奇妙な物語」のファンである朝井リョウさんによる描く番組へのオマージュ的作品

ドラマを観ているかのように読めて面白い。
本家「世にも奇妙な物語」が好きな人にも、
もちろんおすすめです。

【収録作品】
「シェアハウスさない」
「リア充裁判」
「立て!金次郎」
「13・5文字しか集中して読めな」
「脇役バトルロワイヤル」
全5編。


⑦「時鐘館の殺人」今邑彩

女流推理作家が描く皮肉と人の闇。


ファンタジー、ホラー、SF、人間ドラマ等々バラエティあるラインナップです。

今邑彩さんの短編集は7冊ありますが、まずはこちらの「時鐘館の殺人」をおすすめします。
他の短編作品も面白いので、気に入ったら続けて手に取ってみてはいかがでしょうか。

【収録作品】
「生ける屍の殺人」
「黒白の反転」
「隣の殺人」
「あの子はだあれ」
「恋人よ」
「時鐘館の殺人」
全6編。


⑧「御手洗潔の挨拶」島田荘司

人気シリーズ初の本格ミステリー短編集。


名探偵・御手洗潔が登場する人気シリーズの短編が収録された1冊。
今回紹介する中では一番の本格派です。

【収録作品】
「数字錠」
「疾走する死者」
「紫電改研究保存会」
「ギリシャの犬」
全4編。


⑨「死神の精度」伊坂幸太郎

「死」か「見送り」か。死神による判断や如何に。


死神が対象者を7日間調査し、死の可否を判断するーーー。

設定からして面白い。
ミステリー要素は多少ある程度ですが、死神に愛着が湧く短編集です。

【収録作品】
「死神の精度」
「死神と藤田」
「吹雪に死神」
「恋愛で死神」
「恋路を死神」
「死神対老女」
全6編。


⑩「鍵のかかった部屋」貴志祐介

人気シリーズ「防犯探偵榎本」第3弾


防犯コンサルタント・榎本と、美人弁護士・青砥純子が密室の謎に挑む人気シリーズ。
月9でドラマ化もされました。

正統派でミステリー作品らしいミステリー。
複数のが用いられ、それを科学的に解決する。

榎本と青砥の会話にも要注目です。

【収録作品】
「佇む男」
「鍵のかかった部屋」
「歪んだ箱」
「密室劇場」
全4編。


●同シリーズの他巻はこちら↓
硝子のハンマー 「防犯探偵・榎本」シリーズ (角川文庫)
狐火の家 「防犯探偵・榎本」シリーズ (角川文庫)
ミステリークロック 「防犯探偵・榎本」シリーズ (角川文庫)



番外編「短編工場」

人気作家がズラリ!お得感満載の短編集。


これだけの人気作家が並んでいるだけあって、さすがの傑作揃いです。

ミステリーというわけではありませんが、自分好みのお気に入りの作家さんを見つけるにはもってこいの1冊ですので紹介します。
一応ショートショートという事ですが、ショートショートにしては長めで短編と言っても差し支えないかと思います。

「かみさまの娘」桜木紫乃
「ゆがんだ子供」道尾秀介
「ここが青山」奥田英朗
「じごくゆきっ」桜庭一樹
「太陽のシール」伊坂幸太郎
「チヨ子」宮部みゆき
「ふたりの名前」石田衣良
「陽だまりの詩」乙一
「金鵄のもとに」浅田次郎
「しんちゃんの自転車」荻原浩
「川崎船」熊谷達也
「約束」村山由佳
全12編。



関連記事はこちら↓


関連記事
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村 野球ブログへ

この記事と関連する記事

切れ味の抜群!傑作短編ミステリー小説おすすめ10選

読書小説Kindle電子書籍短編ミステリー

スレッドテーマ : 推理小説・ミステリー ジャンル : 本・雑誌

(0)TB(0)

AFTER「名作・傑作ディストピア小説おすすめ8選

BEFORE「傑作ミステリー漫画おすすめ16選!衝撃の名作から人気の話題作まで

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top