独り会議の戯言もどき~野球・小説・お笑いやらの雑記~

小説、Kindle、テレビ、お笑い、スポーツ(特に野球)、その他エンタメ

「短編」のタグを含む記事の検索結果

おすすめ安楽椅子探偵小説!ミステリー事件の真相を暴く傑作7選

部屋の中など、現場に出向くことなく事件を推理する安楽椅子探偵。関係者の話、新聞記事や調書といったデータを基にした推理である為、より論理的なミステリーのジャンルとなります。現場に出向くことがなく情報のみで推理をするという特性上、 ・謎を解く過程の推理と思考を巡らせて知的に楽しめる・魅力的なキャラクターが必要不可欠でいった点が、安楽椅子探偵の重要な要素であり、かつ大きな魅力です。そんな知的な謎解きと魅...

おすすめイヤミス小説!後味の悪さに溺れる最高傑作7選

読後に後味の悪さを残すミステリー、イヤミス。殺人犯のおぞましい心理描写、誰も救われない悲しい結末など、不快感満載のミステリージャンルの一つです。 ・人間の奥底に潜む怖さ・重い心の闇・グロテスクな描写・救いようもない悲劇 といったようなものが描かれます。それのどこが面白いの?と思われるかもしれませんが、これがまたハマったら沼!強烈な印象+ズシリと心に響くやりきれない思いを残し、生涯忘れることのないよ...

短編アンソロジー小説でお気に入りの作家を探し出せ!厳選おすすめの名作10選

「次は何読もうか」読む小説の選び方はジャンル、文学賞の受賞作、タイトル、表紙……等々様々あります。その中の一つとして、お気に入りの作家で決めるということも小説の選び方の一つです。しかし、 ・もう読み尽くした・お気に入り作家と言われても心当たりがないという方も多いと思います。となれば、新たに好みの作家に出会えばいい!そんな時におすすめしたいのでが短編アンソロジーです。短編アンソロジー小説は ・それぞ...

傑作揃いの三浦しをん小説!厳選のおすすめ12選

三浦しをんさんは、現実的なテーマに焦点を当てている作品が多く、また文体もやさしく読みやすいので、読書をあまりしない方にもおすすめの作家さんです。人物の成長や心あたたまるストーリーが魅力的。加えて、詩的な比喩や表現力、感情的共感が呼び起こされる複雑で繊細な心理描写は、まさに言葉巧み!といったところ。また、ユーモアがあり、クスッと笑ってしまうようなところが多いのも三浦しをんさんの魅力の一つです。という...

名作・傑作ディストピア小説おすすめ8選

ディストピア小説とは、反理想郷や暗黒世界といったユートピア(理想郷)の裏返しの世界を描いた作品を指します。具体的には、 ・政府や指導者・組織などによって徹底的に管理・監視された世界・人々が洗脳され、考える力を失った世界 といった、いわば希望のない不完全な未来社会を指します。そんなディストピア社会を描いた小説は、 ・現代社会や政治体制に対する問いかけや警告・ディストピア社会という劣悪な状況におけ...

切れ味の抜群!傑作短編ミステリー小説おすすめ10選

短編ミステリーの魅力は、切れ味の抜群さにあります。短編だからこそ無駄がそぎ落とされ、サクッと読めるのに印象的な作品が多く、面白さ増し増し!また、どこかメッセージ性を強く感じる作品も多いように思います。ということで今回は短編ミステリー小説のおすすめを紹介します。 目次 ①「ハッピーエンドにさよならを」歌野晶午 ②「Dの殺人事件、まことに恐ろしきは」歌野晶午 ③「鍵のない夢を見る」辻村深月 ④「満願」米...

東野圭吾ミステリーはこれを読め!人気シリーズ別、最高傑作の一冊【おすすめ本】

東野圭吾さんは、ミステリー小説を中心とした日本を代表する人気小説家の一人です。しかし、作品数が多くて何から読むのかは悩むところです。そんな方にはシリーズ作品がおすすめ!一作読んで気に入った場合、そこで終わりではなく次の作品があるというのは嬉しいですよね。また、2冊目以降は登場人物の性格や作品の空気感・雰囲気を知った上で読み始めることができるので最初から没入しやすいです。とはいえ東野圭吾さんは多くの...

Top